リサイクルの現状報告レポートNo.001
トップ 3Rから5Rへ リサイクルのされ方 アイディアリサイクル サイトマップ
 

リサイクルショップ

不要となった服や家具、ブランド品などは、捨てるよりも売るといったことがいいとお話しましたが、家にネット環境がない、またはオークションでは不安、だからといって近くにフリーマーケットを開催している所がない、また金買取ならダイヤモンドやアクセサリーなどの買取専門店も近くにないという方は、リサイクルショップにいらない物を買い取ってもらいましょう。最近では、何でも買い取ってくれることもあるし、処分も引き受けてくれる所もあるそうです。電話で申し込めば、家まで来てくれるというサービスもあります。

リサイクルショップの特徴

リサイクルショップは、ほかの店と同じように、利益を得ることが目的です。そのため、不用品を買い取る際は、できるだけ安く買い、できるだけ高く売るといったことを目的としています。そのため、売れる物はそこそこの値段で買ってくれますが、売れない物、売りにくい物やブームが去ってしまった物はかなりの安い値段で買い取るという特徴があります。しかし、それでも捨てるよりはという人がいるため、黙っていても少しは商品が供給されると言うのが現状です。

最近では、リサイクルショップは増えはじめ、まとめて売ると、高く買い取るというところもありますが、それでも、オークションやバザーで売るより安い気がします。たとえば管理人が持っていったPS2のゲームソフト全部で10本近くが、3,000円ほどで買い取られると言うこともありました・・。

それはさておき、リサイクル店に持っていくときの方法としていい事を教えます。

1、まとめて持っていく
  服でも、本でも、ゲームソフトでもまとめて持って行きましょう。そのほうが少しは高く買い取ってくれます。また、多ければ多いほど、時間が掛かります。しかし、時間をかけることを避けようとしますので、傷を見落とすこともあるらしいです。

2、傷をつけない
  あなたも物を買うときは傷やシミなどが付いているのは避けますよね(ジーパンはともかく)。それは、店側も同じです。傷やシミが付いている物は買う人が現れにくいので、売値も傷が付いているものと、そうでないものでは値段がぜんぜん違います。

3、箱ごと持っていく
   これは、主にゲームソフトや靴などのときに重要です。物によっては説明書なども一緒に持って行きましょう。箱や説明書があるものと、ないのでは多少値段に違いが出ます。

4、できるだけ早く
  流行の物や、CD,DVDのような物は、飽きたらさっさと売ってしまいましょう。流行中に売るとそこそこの値段で買い取ってくれます。流行が過ぎ去ってしまうと物によっては、二束三文がいいところです(例 たまごっちなど)。忘れた頃にまたCDやDVDを見るのもいいものですが、できたらさっさと売ってしまいましょう。

このような事を守ると多少ですが、値段に色が付いて買い取ってくれるそうです。信じるか信じないかはあなた次第ですが、管理人としては、上の4つのことに気をつけて売るのをお勧めします。

 
家電のリサイクル
自動車のリサイクル
リサイクルマーク
フリーマーケット
オークション
リサイクルショップ